埼玉県にある大宮市は現在さいたま市の一部になっています。東京へ通勤される方が26パーセントに及び、都心のベッドタウンとしての役割が非常に大きい地区となっています。川越市との境には荒川が流れ、関東の主要な街のひとつです。
1950年には人口が10万人程度だった大宮市ですが、2000年には45万人へと増大しました。上越新幹線や埼京線の開業に伴い、大宮駅は国内有数のターミナル駅へと上り詰めました。そんな大宮は埼玉県の中心地となっています。
埼玉県からだけではなく、近隣の栃木県や群馬県などからも観光や買い物などで人が多く行き来しています。大宮に本社を置く企業も多く、しまむらやかっぱ寿司、富士薬品など名だたる大企業が大宮には存在します。
14もの路線が乗り入れをしている大宮駅は埼玉県最大規模となっています。駅周辺にはたくさんの商業施設が立ち並び、オフィス街とショッピング街が連なって栄えています。
埼京線をはじめ宇都宮線、そして東北新幹線や上越新幹線なども乗り込んでおり、駅は大変賑わっています。大宮アルディージャの応援歌が発車テーマの歌になっているなど、街全体でサッカーチームの大宮アルディージャを支えていこうという気合を感じることができます。

Search
Archives